復縁イメージ

ペットボトル症候群とは

ペットボトル症候群とは、市販飲料が多くペットボトルで販売

されてから出てきた病名(俗称)である。

糖質の多いスポーツドリンクや清涼飲料水などを、身近さと

手軽さからついつい過剰に摂取してしまって起こる急性の

糖尿病のことである。

確かにスーパーでもコンビニでも自販機でも、ペットボトル飲料

は手軽に購入できる。

最近は250mlや300ml位の小さい物も出ているが多くはもっと

容量の多い500mlである。

蓋が閉められるということで持ち運びが容易なため、買って

身近に持ちいつでも飲むことができてしまうため自然に飲む

量が増えてしまう。

もちろん水分補給は必要だが水の代わりにペットボトル飲料を

飲むことで必要以上に糖分を摂取した結果に起こる症状である。


若者は10代~30代に増えているが、それだけではなく40~50代

の年配層にも広がってきている。

暑くなってくると飲む機会も多くなるので特に危険である。

糖分の多いペットボトル飲料を継続的に摂取し続けると、血糖値

が上がり急性の糖尿病に陥る危険がある。


*ペットボトル症候群はペットボトル飲料を飲むことだけでなる

ものではなく、糖分の入った清涼飲料水を多量に摂取して引きお

こるものである。

ペットボトル飲料が普及して手軽に飲むことができるようになった

ため増えてきた症状である